もう1月も終わり

 

2018年も、年が明けたと思ったら、あっという間に1月も残すところあと数日。

年末年始の大阪への帰省は、親兄弟や数年ぶりに再会する友人たちと過ごすうちに慌しく過ぎ去り、種子島へ戻った翌日からすぐに仕事始め。

今回は名古屋まで友人家族に会いに出かけたり、久しぶりに鶴橋界隈をぶらついたりと、短い日程ながら盛り沢山の帰省旅行でした。都会の移り変わりの速さには毎回ながら驚かされます。

少し長い休み明けはいつもそうなのだが、精神的にも肉体的にも平常の生活ペースに戻すのが大変。特にここ数年、歳を重ねるごとに時間が掛かるようになってきた気がする。

世間は大雪や寒波の襲来で大変な様子ですが、種子島もそれなりに寒い。

今朝の最低気温は2℃。北日本の方には笑われそうですが、この程度の気温でも寒さに弱い島人は『ヒヤか冷か』と大騒ぎです。だいたい気温が一桁代前半まで下がる事じたいが稀なので、仕方ないですね。

種子島には珍しく、庭には霜柱が立ちました。朝方は冷えましたが、今日は陽も出て風も弱くわりと暖かめ。ニュースなどで大雪などの映像を見ていると、南国の冬の暖かさには救われます。

 

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)

さよなら2017

 

2017年も残すところあと2日。

今年もいろいろあった1年でしたが、自分的に印象に残っているのは、年初めのアメリカ大統領選挙で、まさかのトランプ大統領が就任したり、梅雨時期には日本各地で豪雨災害が多発した事、そして東京都議選から衆議院選挙などが思い浮かびます。

我が家では、娘の鹿児島での高校生活、そして夫婦二人での種子島生活も2年目となり、親子共々新しい環境にも慣れ、特に大きな出来事もありませんでしたが、静かながらも元気に楽しく生活させて頂いております。

来年は我が家の種子島での生活も10年目を迎える事となりますが、引き続き元気に暮らしていければそれが一番かと思います。

嫁さんと娘は昨日から大阪入り。自分は今日の飛行機で大阪へ帰省。1年ぶりの大阪ですが、昨年の帰省がつい昨日の事のように思えて、この時間の速さに年齢を感じる今日この頃。

2017自分No1出来事は、当然5月に購入したショベルヘッド。今日は寒風吹きすさぶ中、走り納めに行ってきました。

来年も色んな所へ連れてって下さいな。

では皆様も良いお年をお迎えください。

 

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)

インフルエンザとロケット打ち上げ

 種子島はそれ程でもないけれど、この冬は全国的に例年よりも寒さが厳しいみたいですね。

こちらの夏の暑さにはうんざりしますが、冬はからりとして暖かくなる日も多いのでとても助かります。

冬といえばインフルエンザという訳で、先週中頃に娘が罹患。学校を休み、下宿の規則により自宅へ帰宅。3年生はセンター試験直前の一番大事な時期なので仕方ないですね。

帰って来たは良いけれど、帰宅した夜には熱も下がって食欲旺盛。そして翌日には体調も回復。後は今日までの〜んびり過ごし、いったい何しに帰って来たん?って感じでした。

こんな形での帰宅となりましたが、夏休み以来の家族3人で過ごす時間が持てました。

そのタイミングに合わせたように、昨日はロケットの打ち上げがあり、祝日で天気も良かったので、これまた丁度良い機会と打ち上げ見物に宇宙センター近辺まで出かけました。

天気は快晴、気温も暖かく絶好の打ち上げ日和。道中では雪を頂いた屋久島も綺麗に見えました。

打ち上げ時刻の約1時間前に到着。思ったより人も少なく、待ち時間もポカポカと暖かくて、みんなの~んびりピクニック気分で打ち上げ観賞。

予定通り午前10時26分にH-Aロケット37号機は宇宙へ向けて旅立って行きました。

今回の観賞場所はまだ一般にあまり知られていない場所ながら、発射台までの距離も近くて展望も良く、とても見やすい場所で非常に良かったです。

近くで見るのは久しぶりだったので、改めて打ち上げの美しさに感動しました。

 インフル感染は最悪でしたが、久しぶりのロケット打ち上げが見れて娘も大喜び。 

帰りにはいつものワールドカフェにてランチまでして大満足な祝日。

たまには実家での〜んびり骨休めも良かったかもね。

 

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)

いけばな展

 

冬至が近づき夜が長くなり、だんだんと冬っぽくなってきた種子島。我が家のファンヒーターも点燈式を行いました。

ヒーターに火が入ると、我が家毎年恒例の風物詩。

こぶちゃん&みけちゃんのベスポジ争い。

猫様は最近下界よりもこちらの方がお気に入りのご様子で、招き猫の様です。

その我が家の三毛猫女王様が生まれ育った旧上妻亭にて、西之表市いけばな展が開催されたので、ちょいと足を運んでみました。

いけばなという日本の伝統文化を築200年以上の武家屋敷で展示する試み。歴史のある建物と美しい花は当然ながら良く合いますよね。

いけばなの体験会なども開催されて、多くの来場者で賑わっていました。

今は国の登録文化財として余生を送る旧上妻亭。現役最後の住人として住まわせて頂いた我が家。こうやってお邪魔すると、なんか有名になった友人と再会するような気分で、家が『久しぶり〜』と声をかけてくれる気がします。

あの部屋にも、この部屋にも、この庭にも、沢山の思い出が詰まっています。

いつも門の柱で昼寝をしていたみけちゃんも、お家が恋しいだろうな〜。

 

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)

そろそろ冬支度?

 

短い秋がそろそろ終わりを告げそうな気配の種子島。

低気圧が通過し、北西の風と共に今季一番の寒気が日本列島を覆い、11月中旬でも北日本では大雪の模様。

冬到来の気配が感じられる種子島。『寒いね〜』とは言っても今朝の最低気温は12℃。本土に比べれば日差しも明るく風さえ無ければ暖かい。

長らくお世話になった扇風機とも今日でお別れ。変わってファンヒーターのお出まし。

午前中は家の用事をゴソゴソ。午後からは例の如く走りに出かける。

低気圧通過後、湿度の低い北西の季節風のお陰で空気が澄み、視界がすこぶる良い。こんな日は大隅半島も良く見えるだろうと、島の最北端『喜志鹿崎』を目指す。

この空の青さに夏の終わりを感じる。ってもう既に11月ですけどね。夏場は猛烈に湿度が高いので、晴れていても空はボヤ〜っと白けて視界は非常に悪く、12キロ沖の馬毛島さえ見えないことが多いのです。

ですが今日は予想通り視界抜群。海の向こうの大隅半島がくっきり手に取るように見えました。

2週間前に訪れた佐多岬もくっきり。岬の先の方は水平線に隠れて島の様に見えますが、じっさいには陸続き。

佐多岬は普段から天気が良ければ見えますが、今日は内之浦の宇宙センターもはっきり見えました。

大隅半島の向こう側に、開聞岳も頭を覗かせています。

今日ぐらいの空気の透明度が無いと見えない宮崎県の都井岬も肉眼でくっきり。

『この間あの辺を走ったな〜』などと思いにふけりながら、しばし風景を堪能。海を挟んで直線距離では近くとも、感覚的には非常に遠いという不思議な感じ。

バイクを止めて日向にいるとポカポカと暖かいが、走り出すとちょいと寒い。今日の最高気温は14℃。この程度で寒いと言ってたら本土のライダーには笑われるな。

最北端から島の東岸をのんびりクルーズ。島に来て最初に住んだ家の前を通過。この辺りに来るといつも島に来た頃を思い出す。懐かしくて、思わずバイクを止めて記念撮影。

今はおそらく誰も住んでいないはず?沢山の思い出のある、我が家にとっては懐かしい場所です。

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS