<< 夕焼け | home | メグロSG公道デビュー >>

広田遺跡ミュージアムへ

 

昨日は気象観測衛星を搭載したH2−Aロケットが種子島宇宙センターから打ち上げられました。

平日の打ち上げでしたので、残念ながら宇宙センター近辺への打ち上げ観賞には出かけられませんでしたが、仕事場の裏山から打ち上げを鑑賞。

無事軌道投入に成功したようで、めでたしめでたし。

今日の文化の日は、雲一つない快晴に恵まれた種子島。

天気も良いのでいつものごとくフラッと走りに出かける。

どこへ行くといっても島からは出れないので、大抵は道の走りやすい南に向けて走ることになる。

そこで行きたいと思いつつなかなか行く機会のなかった、宇宙センター近くに昨年オープンした広田遺跡ミュージアムへ足を運んでみた。

弥生時代後期から古墳時代にかけての墓地が砂浜から発掘され、国の史跡に指定されている。

種子島はご存知のように、太古の昔から黒潮の流れと共に様々な文化が流入する島だったので、ここに埋葬されている人達も、骨格の特徴や埋葬品などから、ルーツをたどれば南方系の民族ではないかと推測されるそうです。

発掘された遺骨には貝で作られた様々な装飾品を身に着けたものや、副葬品なども発掘され、その当時の生活の様子を知る上での貴重な資料となっている。

秋空の下、古代の人たちの種子島での暮らしに思いを馳せた文化の日でした。

 

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://yukiorakuen.jugem.jp/trackback/693
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS