<< 春近し | home | 薩摩半島チョイツー >>

エムロ号、各部チェック

 

SGと入れ替わりで我が家にやって来た、ヘルスのエムロ号。

なにせ製造されたのが60年前で、資料も少なく謎だらけのバイク。

とりあえず、外装部品を外して各部をチェックしてみた。

現在の状態は、外装からフレームまで全体をオリーブドラブに塗られているが、当然新車時からのの塗装ではない。ハンドルからリアショックまでベタ〜っとかなり適当に厚塗りされているので、全体的にボテ〜っと締まらない印象になっている。でもそのお陰で錆から守られたのかも。

試しに塗装を削ってみると塗膜は3層になっていた。

1番下の緑色が新車時の色らしい。その上から一度クリーム色に塗られて、またその上から現在の色に塗られている。

シート下のフレームに車体番号を発見。

かなり読みにくいのだが、58-EB2-〜〜〜となっているので、おそらく1958年製造のEB2型となるのであろう。

そこでまた謎が深まる??

エムロ号は排気量によって型式が違い、90ccがEG、125ccがEC,170ccがEN,250ccがEFとなるらしいのだが、手元の資料にはEB型というのが載っていない。元オーナ曰く125ccらしいのだが???

タンクは当然のごとく錆び錆びのカサカサ。穴が開いていない事を祈るのみ。

タンクキャップが開かず、職場に持って行って社長と二人で『あ~でもないこ~でもない』開けるのに大分苦労した。

1時間ほどかけて開けてはみたものの、今度は締まらなくなってしまった・・・

いい味出してるフロート別体式のキャブ。

電装は近年式他車のハーネスを流用して引き直されている。

とは言っても30年以上前の話で、かなりいい加減な配線処理。

シートの状態は非常に良く、表皮の痛みや破れも少なく、ヌメッとした皮の質感からして、おそらく新車当時の物と思われる。

エムロ号復活に向けて、ここから長~い道のりになりそうですが、とりあえずエンジン始動に向けて、キャブの清掃から始めようかな!

どなたかエムロ情報をお持ちの方いらっしゃいましたら、ご教授お願い致します。

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://yukiorakuen.jugem.jp/trackback/703
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS