<< 梅雨なんですけど | home | Harley Davidson FXR 1982 Shovel head >>

ついに来たか

 

ようやく梅雨前線も北上活発化し雨も本格的になってきた種子島。

先週は殆ど青空を見る事無く、南国らしい激しい雨と湿度飽和状態の空気に覆われ、自分の苦手な季節に入ってきました。

それと共に種子島の梅雨の夜の名物、シロアリの巣立ち大発生。家の明かりを消灯し、窓を閉めっきっていても、どこかから侵入し床や柱などをモソモソと這い回り気色悪いったらない。ガムテープ片手に家中をチェック。

気温はそれほど高くはないけど、毎年ながら段ボールもフニャフニャになるこの湿度は強烈です。

 

先週末は大阪から鹿児島へ来てくれていた義理の母と娘と共に、ちょっとリッチな気分で鹿児島宿泊。

嫁さんと義理の母は先に熊本で合流し、山鹿、熊本と観光宿泊し。翌日は肥薩オレンジ鉄道の観光列車『オレンジ食堂』に乗車。久しぶりに親子水入らずでの旅を楽しんだ模様。

翌土曜日に自分も鹿児島入りし、義母と二人でJR定期観光バス『さつま特産ぐるめぐり号』にて鹿児島観光。

美山町の薩摩焼、串木野のマグロ、羽島の薩摩藩英国留学生記念館、金山跡の焼酎蔵にてトロッコ列車に乗車、さつま揚げ工場見学と、盛り沢山の内容で知識もお腹も満腹な、あっという間の一日。

鹿児島のメジャーどころの観光地ではないけれど、少し鹿児島を知っている方でも十分楽しめる、ちょっと通好みなお勧めのコースでした。

司馬遼太郎さんの小説『故郷忘じがたく候』の舞台となった沈寿官窯の見学もコースに含まれ、以前から一度訪れたいと思っていた場所だったので、今回見学することが叶い嬉しかったです。

惜しむらくは、この沈寿官窯も薩摩藩英国留学生記念館も滞在時間が少なく、展示物をじっくり見れなかったので、もう一度ゆっくり再訪したいと思います。

夕方娘とも合流し、『城山観光ホテル』でちょいとリッチな気分で温泉&食事&宿泊

桜島を目の前に眺めながらの露天風呂と、鹿児島市内の夜景と共に家族でいただくフレンチ、幸せでした!

心配していた雨にも降られず、久しぶりに家族みんなで元気に顔合わせが出来て何よりな週末でした。

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://yukiorakuen.jugem.jp/trackback/713
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS