オタマジャクシ

先週の話になるが、帰島していた娘と夕刻の犬の散歩に出かけた。

家から数十メートル離れた所で、数日来の雨で道路の轍に水たまりが出来ていた。

その水たまりの中に、娘がカエルの卵を発見した。

10センチくらいの卵塊で、ここ数日内に産み付けられたものらしい。

卵ひとつひとつの大きさから、種子島では『いぼばっくう』と呼ばれるヒキガエルの卵と思われる。

しかし産み付けた場所が道路の轍に出来た水たまりでは、数日雨が降らなければ水は干上がり、車に踏みつけられる危険も大きい。

そこで娘と相談し、卵を別の水辺へ移すことにした。

水を張ったバケツに卵塊を移し、近くの田んぼ脇の水路へ移動。ここなら水が枯れることもなく安心&安全。

無事に卵がかえるかどうかはわからないけれど、このまま放置するよりは良いでしょう。

この『いぼばっくう』、大型のカエルで、大きさは大人の手のひら大。

なかなかの愛嬌もので、これから暖かくなると、夜間特に雨の夜などに道端でジ〜っと座って餌を待っている。カエルの癖にまったく敏捷性が無く、のそのそ這い回る程度の動きしかしないので、すぐに捕まえることが出来るし、車が来てもジ〜っとしているので、よく車に轢かれてペシャンコになっている、種子島ではおなじみのカエルだ。

道端で餌を待っている姿は、愛嬌があって可愛いので、車で横を通る時はゆっくりと踏みつけないように気を付けている。

 

そして先日、移動させた卵がどうなったか見に行くと、無事にオタマジャクシにかえっていた。

なんかちょっといい事した気分になった。

カエルがいる風景というのは良いものです。

Posted by yukiorakuen | comments(4) trackbacks(0)

16歳

 

 

今日は鹿児島県の公立中学校卒業式。

光陰矢の如し、娘の中学卒業からもう一年も経ったのかと驚くばかり。

高校が入試休みに入り、4日間種子島へ帰島した娘。

親元を離れて早一年、すっかり親離れも完了し、エンジョイ下宿生活。

8歳で種子島へ来た娘が、先日誕生日を迎え16歳になりました。

多感なティーンエイジャーなので、親を煙たがる年頃ですが、普段親と離れているためか特にそんな素振りもなく、以前と変わらぬ親子関係。

図体は大きくなったけれど、しっかりしているようでどこか抜けてる我が娘でした。

 

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)

春近し

我が家の癒し系、冬恒例の風景。

ヒーター前の微妙な距離感。相手の事など気にも留めないミケと気にしまくりのコブ。

今朝は朝から快晴。空気は冷たく澄んで日差しが柔らかく、春がもうそこまで来ている感じ。

家の近くの早咲きの桜が、誰に見られるでもなくひっそりと満開を迎えています。

ちなみに種子島では鶯がすでに『ホーホケキョ』と鳴き始めました。

 

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)

寒い寒い

 

2017年もあっという間に1月が過ぎ去り、2月も10日を過ぎました。

今年は年明け早々体調を崩し、序盤からつまずき気味のスタートでしたが、ここに来てやっと仕事もプライベートも普段のペースがつかめてきた感じ。

こちらへの投稿もさぼり気味で、久しぶりの書き込みとなりましたが、特に変わりなく元気に過ごしています。

2月に入り日も長くなり天気の良い日は日差しの明るさも増してきましたが、ここ数日はぐっと寒くなって、昨日はあられも降ったりで、この冬一番の冷たさ。

今月は自分も年齢を一つ加え、40代も半ばとなり『あ〜もうこんな歳か〜』と嬉しさよりもタメ息が出る。

ちょこちょこ通勤にも使っていたメグロSGは、会社の前に停めていたものを『これは売り物か?譲ってくれ〜』とのオファーを受け、あっという間に商談成立、本日新しいオーナーのもとへ旅立って行きました。

誰も欲しがる人などいないと高を括っていたのに、好き物はどこにでもいるものだ。

納車の際に新オーナーのガレージの奥に眠る、これまた超レアなバイクを発見。

30年以上放置で処分に困っているとの事で、またいけない中毒症状が首をもたげる気配が・・・

今晩は嫁さんと二人で、ささやかな誕生日ディナーで焼肉を食いに行き、満腹&幸せ。

嫁さんと二人の生活も大分慣れて、お互いあまり干渉することなく楽しく過ごしています。

Posted by yukiorakuen | comments(2) trackbacks(0)

祝イプシロン打ち上げ成功

 

今年も例年の如く、あれよあれよという間に師走も二十日を過ぎてしまいました。

ブログの更新も少し間が空いたと思ったら、あっという間に一ヶ月!

そんなにさぼっていたのかい?と我ながら驚く。

 

今夜は海を挟んだ大隅半島の肝付町にある、内之浦宇宙センターから打ち上げられたイプシロンを、こちら種子島の天女ヶ倉の山頂から見てきました。

9日に打ち上げられたH2-Bに続いて、今月は2度目のロケット打ち上げ観賞。

しかも共に夜間の打ち上げとなり、今夜も美しい星空へ飛び立つロケットを見ることが出来ました。

 

写真は9日のH2-B

 

今年も残すところあと10日あまり。

 

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)

修学旅行でいらっしゃい

 

修学旅行の受け入れに力を入れている種子島。

民泊として島の一般家庭に宿泊し、住民と交流を持ってもらい島の文化等に親しんでもらうという事で、各地に売り込んでいるそうです。

4年前に広島から島を訪れてくれた義弟一族の皆様。

当時中学一年生だったあかねちゃん。

なんと高校の修学旅行で種子島を再訪。

なかなか来れる場所ではないのですが、よりによって修学旅行が種子島とは・・・

たぶん本人が一番驚いたはず。ちょっと複雑な気持ちでしょうね。

屋久島~種子島~鹿児島と回られたみたいです。

タイトなスケジュールなので、ゆっくりお話しする時間も取れませんでしたが、何とか島を離れる前に見送りにだけは駆けつける事が出来ました。

学校名もクラスも何もわからず、沢山の生徒の中から、しかも4年前からは外見も大きく変わっているはずなので、見つけられるかなと心配でしたが、引率の先生に尋ねまわり無事に会うことが出来ました。

バスから高速船へ移動する数分間の慌しい対面でしたが、お元気そうで何より。

船が遅れたり、天気もいまいちで綺麗な星空も拝めず、すこし残念な種子島でしたが、成長したお顔も見れたので良しとしましょう。

ご家族にもよろしくね〜。

 

 

 

 

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)

台風一過

台風16号の通過と共に、昨日までのねっとりとした熱帯の空気が、からりとした爽やかな秋の空気と入れ替わり、これでようやく夏ともおさらばか?

 

とにかく夏が長いのだ。

本土の感覚からいえば、5月頃から夏が始まり、やっと秋が来た感じ。

今年の夏は幸い体調を崩す事もなく、元気に乗り切る事ができたのだが、やはり体力的には非常にきつかった。

海に囲まれた種子島は、最高気温はそれ程高くはならないのだが、数値に表しにくいこちらの湿度の高さだけは経験しないと判らない。

このねっとりとした不快感は、年齢を重ねると共に増大し、未だに慣れることもなく、好きにもなれない。

種子島の夏が好きになれず、島を離れるという人もいるほどだ。

 

昨晩は台風が近づくにつれ、急激に風が強くなり、夜中には台風特有の唸るような強風が、周囲の樹木と家を揺らす。

軒下に置いたままだった資源ゴミのゴミ箱が吹き飛ばされ、中の空き缶やペットボトルがカラカラ、ゴロゴロとそこらを転がる音が聞こえたが、布団から起き上がるのが面倒で放っておいた。

 

朝になって家の周囲を確認してみると、郵便受けやゴミ箱はひっくり返り、嫁さんの放置農場は壊滅的。

あちこち枯れ枝や葉っぱなどが散乱しているが、それ以外には特に被害もなく一安心。

 

しかし昨夜は風の唸りや、ザ〜ザ〜と風に揺さぶられる木々の音、そして家のきしみ、外で吹き飛ばされるなんやかんやの物音で、さっぱり熟睡できず。

今夜は虫の音と共に熟睡させて頂きます。

 

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)

夏休み

 

種子島の夏としては珍しく、からりとした晴天続きの今夏。

少し長めの5日間のお盆休みも、あっという間に今日で最終日。

鹿児島暮らしの娘も帰省中。

前半の遊びすぎで、宿題が進まず悪戦苦闘中。

 

義理の妹一家が、3年ぶり?3度目の来島で、神戸から遊びに来てくれました。

島へ来る前は小1と幼稚園だった、姪っ子と甥っ子。

それが今では中二と小五。

大きくなったな〜と驚くと共に、種子島八度目の夏、過ぎし月日を改めて感じました。

 

滞在2日目にはウミガメの赤ちゃんの放流に参加。

卵からかえったばかりの赤ちゃんウミガメ。

無事の成長と、大きくなって帰って来てくれることを願い、海へ放流。

頑張れよ~!

 

テレビ局のインタビューを受けた娘。

のニュースで放映されたらしく、友人知人から『テレビ出てたよ~』と連絡。

しかしテレビの無い我が家では見れず。

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)

夏真っ盛り

 

夏真っ盛りの種子島。

こちらでは一足お先にお米の稲刈りの季節となりました。

今年は雨の多かった昨年と比較して、米の実成も良くどこの田んぼも豊作のようです。

 

我が家の畑にもスイカが出来ました。

放置主義の嫁にしては、かなり頑張ったようで、本人も収穫にご満悦。

 

 

お味の方も甘くて美味しいスイカでした。

夏真っ盛りの週末は、バイクに乗ったり、

 

 

海へ波乗りに行ったり、

 

 

今のところ暑さに負けず、相変わらず忙しく動き回っております。

田舎暮らしの特権。

 

 

いつでもバーベキュ〜。

遊び疲れた週末の夕方、嫁と二人でビール片手に七輪焼肉。

贅沢なひと時です。

 

Posted by yukiorakuen | comments(6) trackbacks(0)

夏が来た

 

 

未だ梅雨明け宣言は出ておりませんが、たぶん梅雨明けだよね?

全国的にも暑くなっているようですが、この週末の種子島は暑~い。

ギラギラのお日様を浴びて、海も緑も目に眩しいほどキラキラして、まさに夏が来た!という感じ。

朝から暑くてたまらないので、水浴びがてらにコブちゃんと共に海へ繰り出す。

 

 

恥ずかしながら、本日が今年初サーフィン。

波は大したことないけど、友人とまったりと波乗り。

すっかり海から遠ざかってしまっていたわたくし。

海パン一丁の波乗りはやっぱり気持ち良いですね〜。

 

田んぼの稲穂もこうべを垂れ黄金色に輝き、稲刈りの季節が近づいてきています。

 

 

Posted by yukiorakuen | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS